飛田新地で及川奈央に似た巨乳美人と思うままセックス出来た話。

女性の人には馴染みが無いが、関西近辺に住んでる人が一度は聞いたことがあるかも知れません。

その名が「飛田新地」です。

飛田新地とはいわゆる「色街」で和風の家が立ち並び、そこの玄関が開いていて女の子が座っており、気に入った女性が居れば中に入り性的なサービスを受けられるというものです。

全国には色々な色街がありますが、この「飛田新地」がブッチギリで人気です。

それはなぜか?

座っている女の子のレベルがハイレベルすぎるんです。大阪には松島新地とよばれる場所もありますが、比べるとその差は歴然。松島も悪くありませんが、求人情報を見る限り飛田新地より劣るんですよね。

参考URL:松島新地のアルバイト求人

よくあなたも街を歩いていて「えっ!?なにあの美人な子!」って振り返った経験はありませんか?

飛田新地は「全員」がそのレベルです。

AV女優やモデルクラスの可愛い・美人の女の子がお金を払うだけで抱けるようになる。

そういった歓楽街なのです。

実際に僕がムラムラした時に行った時の体験談を話そうと思います。

その日、飛田新地に乗り込んだ僕はその異質な光景に思わず立ち止まりました。

「ここだけ時代が止まってる」

それぐらい異質な場所なんです。あそこって。

時代が止まってるというか、江戸時代にタイムスリップしたかのような世界観でとても妖艶な雰囲気があります。

飛田新地はメイン通り(青春通り)やサブの通りなどが100メートルほど続いており、この両端に店が立ち並び、そこの軒先には目を見開くような美人のオンパレードなんです。

その場に来ているのは99.9%男性でひたすらどの美人に相手してもらおうかと物色しています。

ここで大事なのは「いいな!」と思った時にすぐに店に入らないと、次に来た時は他の客に取られていなくなっている。そんな一期一会で一瞬の判断力が試される場所です。

ひたすら女の子選びに悩んでひたすら歩き回っていると夜のウォーキングと化してしまい、夏場であれば汗をかいてひたすら健康になっていってしまいます。

美人が1人2人なら決断してすぐに入れるのですが、飛田新地はそうではありません。

本当に全員が美人なので「もうちょっと待ってたら、もっといい子が出てくるんじゃないか…?」と駆け引きにも似た心理をしながら探すような場所です。

飛田新地で僕が選んだのは及川奈央似のメガネ巨乳美人

そんな感じで8月の夜の飛田新地をひたすらウォーキングしました。

本当に、どの娘に決めるべきか悩むんですよね。あの場に行くと。

なんせ値段が普通の風俗店とは比較になりません。

最短コースの20分でも何と「16,000円」です。

思わず「高っ!?」と思いましたよね。

ただプレイを終えた今の僕は「妥当な値段」だと言えます。

なぜならとんでもない美人巨乳メガネとお相手してもらったからです。

僕が1時間ほど夜のエロウォーキングに疲れ果てて「もう今日は帰ろうかな…」と思い始めた頃、1つの店の軒先に居る女性の姿が目に写りました。

「及川奈央!?」僕がその女性を目にした瞬間考えた言葉がそれです。

及川奈央とはもう引退してしまったAV女優ですが、活動していた頃は大人気でアラサーの男子たちはお世話になった人も多いそんな女優です。

その及川奈央と瓜二つの女性が軒先に座っていて、僕は思わず店に入りました。

部屋にあげてもらい、女の子にお金を支払います。

部屋の様子は本当にただの和室でピンクの照明と机と布団が敷いてるだけの空間です。6畳ほどでしょうか。

お金は上にも書いたように最短コース20分で16000円でした。

女の子とのプレイ開始です。本当に女性は美人でコミュ障の自分からすれば絶対に相手してもらえないような巨乳美人でメガネも似合っていました。

飛田新地のプレイを具体的に知りたいと思う方もいるでしょうから詳細に記します。

まず基本的にですが生挿入・生フェラはありません。

シャワーなどを浴びることがないので、病気の感染・予防の為にやっていることだと思います。

そしてDキスや軽いキスなどもNGで、女の子のアソコを開いて見ることもNGなど普通の風俗店では気軽に出来ることが飛田新地では出来ません。

出来ることは

  • コンドームを被せられたフェラ
  • コンドームありの挿入
  • 色々な体位でのセックス

のみです。

NG項目が多いですが、「美人とセックスしたい!」という人にはとてもシンプルにお勧めできます。

キスもNGで高額な料金ですが、プレイ後は深い満足感に包まれました。

街ですれ違うような美人が自分のチンポでよがったり、騎乗位で攻めてくれたり、バックで可愛いお尻を向けてくれたりなんていう体験は中々出来るものじゃありません。

それが1万6000円で叶うなら安いものです。

飛田新地のメリットはもう1つあり、「パネル詐欺が不可能」だといういことです。

女の子は実際に店先に座っており、男子たちはそこで実際にセックスしたい子を選べることができます。

画像の修正で写真とはぜんぜん違う子が来た!なんて経験は飛田新地ではすることがありません。

僕はとんでもない美人とセックスした経験から、どうしても美人とセックスしたい!というモテない男子たちには一度だけ経験してほしいと思います。

中々一生の思い出になりますよ。

大阪のちょんの間「飛田新地」へ出向いた体験談

大阪は日本の中でも東京に次ぐ有数の大都市ですが、

「ソープランドのない健全な地域」と思いきや、残念ながらそうではありません。大阪には「飛田新地」が存在しています。飛田新地は大阪市西成区にある遊郭、1958年の売春防止法施行以降も「飛田料理組合」として健在です。

昔の飛田新地

電車からのアクセスだと、JRの新今宮駅、地下鉄だと御堂筋線の動物園前が最寄り駅になります。全く大阪を知らない人のために分かりやすく言うと、天王寺方面であり、近隣というわけではないですが「あべのハルカス」が比較的近くにあります。

大阪のちょんの間は凄かった

飛田新地は、いわゆる「ちょんの間」と呼ばれるところであり、古い古民家がズラリと並ぶ独特の雰囲気です。

そこを車で移動したり、徒歩で移動したりしているのですが、民家の1階玄関には、化粧をしてライトを浴びている女性が何人か座っています。そしてその近くにはおばちゃんが座っています。気に入った女の子がいれば、その子を指名し、交渉相手であるおばちゃんと話をします。そこでお互いが良ければ、民家の2階へ上がっていくのですが、そこでの行為に関して表向きは「自由恋愛」です。

つまり、初めて会った男女がお互い惹かれ合い、会ったその日に身体の関係を持ってしまうという自由恋愛設定なんです。

ただし、これはあくまで建前であり、暗黙のルールは「本番のできる風俗店」というわけなのです。

飛田新地のプレイルーム

飛田新地には、お店のホームページ等がありません。

そのため在籍する嬢の写真をサイトで見ることはできませんが、専門の掲示板や情報サイトでは他のお客さんの体験談が記載されています。ホームページが無い以上、こういった体験談情報がかなり貴重です。

中には嬢の評判をわざと落とすように事実ではないような体験談の場合もありますが、リアリティのある体験談は見ていると一目で分かります。

飛田新地訪問を検討されている方は、是非、体験談情報を参考にしてみてください。